Top

神奈川在住。 FUJI X-T1を持っていろんなところにお出かけしています(*´∀`*)
by pippi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ:甲子園 ( 3 ) タグの人気記事
Top▲ |
だから野球はおもしろいんだけどね・・・
まさかの1回戦負けでしたね・・・
相模原を出る時、決勝戦は4月1日なので市長が応援に行くのは難しい、と話していた。
だから雨が降って1日延びて良かったな、なんて思ってた。
彼はセンバツは連投になる。
その為にはどういうピッッチングをすれば良いのかを考えていた。

相手のチームは勝つと思っていない。
打てると思っていない。
だからプレッシャーが無かった。
のびのびとプレーする事ができた。

勝てると思っている試合なのに、なかなか入らない味方の得点。焦る気持ち。
1番大事な場面で打たれた。
しかしこれも彼に与えられた試練。
こうなったら夏もどうしても出て、リベンジしたいだろうなぁ・・・
このままじゃねぇ・・・
神奈川から続けて出るのは難しい事だけど、なんとしてもこの悔しさを夏にぶつけていって欲しい。

それにしても甲子園の春夏連覇を含む、年間1度も負けた事の無かった松坂のいた横浜。
彼らは本当に凄かったんだよなぁ・・・

今日の試合を見ていて、絶対に勝てると思っていた試合に息子が登板した時の事を思い出した。
3回までは完ぺきな投球だった。
たまたま打たれた1本のヒット。
それに続く味方のエラー。
そこへ身内の兄が現れて・・・
コントロールは乱れ、ストライクが全く入らなくなった。
けっきょくその試合は負けた。
勝てば市の大会に出られる大事な試合だったのに。
負けると思っていないチームに負けそうになると焦るもんだよね。
うちの息子はここで打ってほしいと思う大事な場面になると、たいがい凡打だった。
そしてランナーが前にいない時や、別に勝たなくてもいいお気楽な試合の時は
いいバッティングをするんだよね・・・
うちの息子に限った事じゃないと思うけど、メンタル面を変えていくのって難しいよね。
課題だよなぁ・・・
[PR]
Top▲ | by pippi_san | 2010-03-27 21:57 | 野球 | Comments(2)
甲子園ヒーローズ 2009
昨日、本を2冊買いました。
ひとつは甲子園ヒーローズ 2009 第91回全国高校野球選手権大会
もうひとつは甲子園2009
甲子園2009の方は大会前に発売されていたもの。
この本で1番印象に残ったのは古田敦也さんのインタビュー
『近くて遠かった甲子園』
最後の方に高校球児に伝えたいことは
の質問に対して
150㌔投げられるような球の速いピッチャーがいつも勝てるとは限らないんですよ。
例えば、球の遅いピッチャーっていますよね。
球が遅いと普通バッターに打たれる可能性って高いでしょ。
でもね、一流の球の遅いピッチャーは相手に向かっていくんです。
身体に近いところにわざと投げたり、ど真ん中狙ったり。
そういう強気の球を入れていかないと相手が引っかかってくれないから。
・・・中略・・・
逆に、球が速ければ、放っておいても速いわけだから、丁寧に投げればいい。
でも人間って、150㌔出ると160㌔出したくなっちゃうもんなんです。
そうすると、力んで、ど真ん中ばかりになって打たれるという。(笑い)
遅いけど打たれない、速いのに打たれる。
相反することに見えるけど実はそこに本質があるんじゃないかな。

これに対して甲子園ヒーローズ 2009 で印象に残った記事。
準決勝日本文理と県岐阜商戦
日本文理の伊藤が初回、県岐阜商の先頭打者・松田智に投じた初球は急速わずか100㌔のスローカーブだった。
ストライク。ツースリーから三振に取る。
この投球に、この試合の伊藤のエッセンスが詰め込まれている。

古田さん、やっぱりなかなか的を付いた事を言われるなぁ、と思いました。
どんなピッチャーでも可能性がある、というお話でした。
あと決勝9回の打席で「伊藤コール」がわきあがった時、伊藤君
「自分の名前を呼んでくれて、泣きそうになった。」
んですね。
感動的なお話です(≧д≦)
写真もいいものが沢山あって(とくに決勝戦!)
ちょっと高かったけれど買って良かった本でした(^O^)
[PR]
Top▲ | by pippi_san | 2009-09-06 17:21 | 野球 | Comments(0)
おめでとう! 日本文理高校準優勝!
今年の夏、私は1年5ヶ月ぶりに実家の新潟に帰省して来ました。
子供たちや私の予定の都合で先月から8月26日から帰省する事は決定していたのだが・・・
この日程がこんな奇跡をもたらす事になるとは!

今年は日本文理が甲子園で決勝戦迄進出。
当日は仕事だったのだが奇跡的に早く終わり、2対2の同点、5回から観る事ができた。
9回はもう叫びましたよ~!次の日迄のどが痛かった。
ちょうどその時うちに帰って来たうちの主人が
「殺人事件か!」
と言ったほど(笑)
うちの長男と次男と観たその試合は大変感動的な試合でありました。
リアルタイムで観れて良かったぁ・・・
横浜高校の渡辺監督のツボをついた解説もとても良かったです。
やっぱり野球ほどおもしろいスポーツはありませんね!

日本文理は新潟市西区の新通にあるのだが、私は新通小学校出身。
新潟西インターを出て、文理高校を一目見てから実家に帰ろうとカーナビの言うとおりに行ったら、
母校の中学校と小学校のすぐそばを通り、とても懐かしかった。
といっても景色は当時の物とはあまりにも違っていたが・・・
学校に着いたのは5時頃。
ギャラリーが結構いて100人くらいかな?
ちゃんと見学用のベンチのような物もあったので、しばらく見学しようと車から降りた。
私は一眼レフで写真を撮るのが好きなので持ち歩いているのだが、ギャラリーで写真を撮っている人は誰もいなかったので写真撮っちゃいけないのかな、と心配した。
そしたら一人だけ大きな望遠のカメラを持っている女性を発見!
安心して首にかけた。
(後からその女性は新潟日報の記者だった事が判明。)
ベンチに座って少し見ていたのだけど目の前の練習は打撃練習のみ。
息子がピッチャーを見てみたい、と言うのでピッチャーは向こうの校舎の方で投げてるみたいだから行ってみようか、といったん道路に出た。
校舎の方で見ている人はほとんどいない。
たった一人だけ女性がいる、と思ったらなんとあの甲子園の準優勝投手、伊藤君が出てきたではないか!
その女性がサインをもらってケータイで写真を撮っているので、私たちは走った!
女の人は帰ってそこにいたのは私たち3人だけ。
「私たち神奈川から来たんです!一緒に写真撮らせてもらってもいいですか!」
と機関銃のように話しかけ

撮っていただいたのがこの写真
[PR]
Top▲ | by pippi_san | 2009-08-31 01:01 | 野球 | Comments(6)
| ページトップ |


ブログジャンル
ランキング
にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
画像一覧
最新の記事
あしかがフラワーパークのお散歩
at 2016-04-30 14:38
春の津久井湖城山公園
at 2015-04-09 15:34
春の新宿御苑
at 2015-03-21 22:41
X-T1初撮影(ノ´▽`)ノ♪
at 2015-02-23 01:25
新潟の紅葉
at 2014-11-12 13:32
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
タグ
Teitter
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ライフログ
検索
ファン
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin