Top

神奈川在住。 FUJI X-T1を持っていろんなところにお出かけしています(*´∀`*)
by pippi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
甲子園ヒーローズ 2009
昨日、本を2冊買いました。
ひとつは甲子園ヒーローズ 2009 第91回全国高校野球選手権大会
もうひとつは甲子園2009
甲子園2009の方は大会前に発売されていたもの。
この本で1番印象に残ったのは古田敦也さんのインタビュー
『近くて遠かった甲子園』
最後の方に高校球児に伝えたいことは
の質問に対して
150㌔投げられるような球の速いピッチャーがいつも勝てるとは限らないんですよ。
例えば、球の遅いピッチャーっていますよね。
球が遅いと普通バッターに打たれる可能性って高いでしょ。
でもね、一流の球の遅いピッチャーは相手に向かっていくんです。
身体に近いところにわざと投げたり、ど真ん中狙ったり。
そういう強気の球を入れていかないと相手が引っかかってくれないから。
・・・中略・・・
逆に、球が速ければ、放っておいても速いわけだから、丁寧に投げればいい。
でも人間って、150㌔出ると160㌔出したくなっちゃうもんなんです。
そうすると、力んで、ど真ん中ばかりになって打たれるという。(笑い)
遅いけど打たれない、速いのに打たれる。
相反することに見えるけど実はそこに本質があるんじゃないかな。

これに対して甲子園ヒーローズ 2009 で印象に残った記事。
準決勝日本文理と県岐阜商戦
日本文理の伊藤が初回、県岐阜商の先頭打者・松田智に投じた初球は急速わずか100㌔のスローカーブだった。
ストライク。ツースリーから三振に取る。
この投球に、この試合の伊藤のエッセンスが詰め込まれている。

古田さん、やっぱりなかなか的を付いた事を言われるなぁ、と思いました。
どんなピッチャーでも可能性がある、というお話でした。
あと決勝9回の打席で「伊藤コール」がわきあがった時、伊藤君
「自分の名前を呼んでくれて、泣きそうになった。」
んですね。
感動的なお話です(≧д≦)
写真もいいものが沢山あって(とくに決勝戦!)
ちょっと高かったけれど買って良かった本でした(^O^)
[PR]
Top▲ | by pippi_san | 2009-09-06 17:21 | 野球
<< 魂の準V!! | ページトップ | おめでとう! 日本文理高校準優勝! >>


ブログジャンル
ランキング
にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
画像一覧
最新の記事
あしかがフラワーパークのお散歩
at 2016-04-30 14:38
春の津久井湖城山公園
at 2015-04-09 15:34
春の新宿御苑
at 2015-03-21 22:41
X-T1初撮影(ノ´▽`)ノ♪
at 2015-02-23 01:25
新潟の紅葉
at 2014-11-12 13:32
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
タグ
Teitter
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
お気に入りブログ
外部リンク
ライフログ
検索
ファン
その他のジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin